こんにちは!不動産会社で働く布藤です。

賃貸物件に住んでて気になるのは「壁に穴をあけても大丈夫なのか」だと思います。

生活を楽にするために壁に棚を設置したり、好きなアーティストのポスターを貼ったりするなど、壁に穴をあけたいと思う瞬間ってそれなりにありますよね。

では、実際どうなのかを紹介します。

賃貸物件に穴をあけても良いのかダメなのか

結論から最初に言うと、賃貸物件の場合、壁に穴をあけてもいいのかどうかは、穴の大きさによって変わります。

壁にあけてしまった穴の大きさによっては修繕費がかかるかどうかが変わってくるのです。

賃貸物件の原状回復の費用に関しては、一般的な基準がまとまっていて、主に3種類のケースがあります。

画鋲やピンで穴をあけてた場合は?

国土交通省によると、画鋲やピンによって穴があくのは通常の生活を送るうえではできてしまうものになるため、修繕費は賃貸人である大家さんが負担することになっているのです。

つまり、壁に画鋲やピンを使ってポスターを貼ったとしても、入居者が修繕費を払わないといけないといったことはありません。

ただ、必ずしも大家さんが負担するというわけでもありません。

賃貸契約書をよく読んでみると、画鋲やピンの仕様の可否について明確に明記されていることがあるので、一度しっかりと確認しておくことをお勧めします。

釘やネジを使って穴をあけた場合は?

壁に釘やネジを使って穴をあけた場合は、その穴のサイズや深さは通常の使用によってできる損耗を超えているため、修繕費は入居者が負担することになります。

画鋲やピンであけた穴と大差ないと思われてしまうこともありますが、どんな事情であれ修繕費は支払わないといけなくなるので、覚えておきましょう。

また、壁の奥には石こうボードという素材が使われているのですが、そこに到達するまで貫通させてしまっていると、修繕費は割高になってしまうことがありますので注意しましょう。

こぶしサイズの穴をあけてた場合は?

寝ぼけて思いっきり頭をぶつけて穴をあけてしまったり、入居者や友人とふざけていたら壁に激突して穴があいてしまったりなど、こぶし大くらいの穴があいてしまったら、当然ですが修繕費は入居者が払うことになります。

ここで大きな穴が開いてしまっているような状態だと、石こうボードにまで到達し、割れてしまっている可能性が高いです。

こうなってしまうと石こうボードをパテで埋めるだけでは修理が完了しません。

石こうボードを埋めるためのリペアパッチや壁紙が必要になったりしますし、最悪の場合石こうボードごと交換しないといけなくなってしまう可能性があります。

その為、釘やネジで穴をあけたときよりもさらに割高な修繕費を支払うことになってしまう可能性があります。

故意ではない場合は火災保険が適用されることがある

誤ってあけてしまった穴の修繕費用として火災保険が適用されることがある場合もあります。

賃貸物件でこういった火災保険の使い方をしっかりと理解している人は多くはないと思います。

火災保険というのは、賃貸借契約を結ぶ際は、加入することが決められている保険のことを言います。

部屋に穴をあけてしまった場合の条件は、以下になります。

・穴あけ事象が故意ではないこと
・借家人賠償責任補修特約が付加されていること

また、損耗の具合であったり、保険会社などによっては免責金額が発生してしまうこともあるので、注意しましょう。

どちらにしてもできるだけ穴はあけないように保つことが大事になります。