こんにちは!不動産会社で働く布藤です。

今回は、水害に遭わない家を選ぶ方法について、考えてみたいと思います。

地球温暖化の影響か、ここ数年ほど毎年の様に大雨による河川の氾濫が起きていますよね。

何十年に一度の大雨というフレーズも聞き飽きた感じがありますが、私が住む千葉県の館山市も、昨年は3つの大きな台風の影響で大きな打撃を受けましたので、決して他人事でありません。

また、今年もすでに九州や東北等で河川の氾濫が起きていて、家が浸水したり倒壊する被害が出ています。

そういうニュースを見て、「今後家を買う時は川の近くは避けよう」と考えた方も多いと思います。

ただ、水害の範囲は川から遠く離れたところまで及ぶ可能性があるので、そう単純な話ではありません。

ですので、引っ越しの前に一度確認しておいて欲しいのがハザードマップです。

ハザードマップとは?

ハザードマップは、水害等の自然災害による被害を予測して、その被害範囲を地図化したものです。

このハザードマップを見れば、河川が氾濫した際にどの地域がどれくらい浸水する恐れがあるかを把握することが可能です。

地方自治体毎に作成されていますので、あなたがお住まいの地域や、引っ越しを考えている地域のハザードマップを確認してみましょう。

確認してみると、思った以上に河川から離れていても浸水の可能性があることが分かると思います。

もちろん、引っ越しを考えていなくても、今の住宅がどの程度浸水する恐れがあるか、またどの方向に逃げれば良いかも分かりますので、一度確認してみてくださいね!