出典:イラストAC

こんにちは!不動産会社で働く布藤です。

不動産業界に関してはわからない事も多いと思います。

でも、一人暮らし等で家を借りる時、賃貸契約をする上で不動産会社は必ず訪れると思うので、ちょっとした疑問をこのブログで紹介できればと思います。

では、今回は不動産会社がなぜ水曜休みが多いのか、について説明します。

不動産会社が水曜休みが多い理由

不動産会社が水曜定休なのにはいくつかの理由があります。

・週の真ん中であるため
・水は「流れる」などを連想させるため
・管理会社が休みなため

不動産会社にとっては一番来店数が多く大変なのは土日です。その理由は簡単で、会社勤めの方のほとんどが土日休みである為です。

また、まとまった時間を作りやすいのが土日である、というのも理由です。

土日に物件を見たお客さんの資料作成等をするのに月曜は忙しく、一日かかってしまう事もあるので、あえて休みから遠い水曜日を定休にしているというのが理由の一つです。

また、水は流れるを連想させるので、契約が流れてしまう事を思わせるため、縁起が悪いという意味から定休にしている所が多いのもあります。

これはゲン担ぎ的な意味合いも込められています。

さらに、不動産会社は横のつながりが広い業界でもあるので、周囲にあわせて営業をしないと仕事がやりにくいのです。

その中でも仲介業者は、実際に物件を取り扱っている為、非常に重要な繋がりなのですが、その仲介業者のお休みが水曜日なのです。

不動産会社は、仲介業者が営業をしていないと物件を紹介する事ができないので、定休日を合わせて水曜休みにしていることが多いのです。